人材採用と人材育成の難しさ | fc8mkt | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

人材採用と人材育成の難しさ

返信

ベンチャー企業で働いていると、役員と一般の従業員の意識のずれをどうやって埋めていけば良いのかにすごく悩む。そもそもずれが生じそうな従業員は雇わない、というのも重要かもしれないが、猫の手も借りたいような忙しさの中ではそれも難しい。


役員は当然その身を犠牲にして会社にフルコミットしてるから、一般の従業員にもそれを求めがちだ。当然、一般の従業員にはそこまで頑張らなければいけない義理はない。創業期のよくあるパターンとして、社員が増えては辞め、結局人数があまり増えないってのがあるけど、これもやっぱりそういう意識のずれが関係しているように思う。


もちろん、入社後の人材育成で何とかするって話もあるけど、それはうまいやり方がいまだに分からない。スキルは育成できても愛社精神やマインドセットは同じようには育成できない。基本的には、本人が何らかのきっかけで変わるのを待つしかない。


どれだけフルコミットしてくれる人材を見つけ、採用することができるか?ベンチャー企業の成否はそこにかかってる気がする。

投稿者 fc8mkt | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.